GPAって留学に必要??

GPAって留学に必要??

大学生で

留学に行こうと思ったら

いろんな基準をクリアしないといけないですよね

 

そこで、

GPAって

留学に必要なん?

 

てなる人は多いですが、

 

 

GPAは留学に必要です。

 

 

 

むしろ、

僕が思うに、

 

1番重要です。

 

 

英語の応募資格って

留学に応募する時点で、

全員

もちろん、クリアしてますよね、

 

 

てことは、

英語の基準では、

 

全然差がつかないんです。

 

IELTSだったら

差がついたとしても

5.5か6.0か6.5

 

6.5取るのは本当に難しいので、

基本5.5と6.0

なので

差がほとんど生まれません。

 

じゃあ、どこで差がつくか

それは、

 

GPAと志望理由書です。

 

 

志望理由書は今度書くとして、

 

GPAって

最低基準が決まっているだけで

 

その基準てけっこう低いんですよねー

 

だいたい2.75とかに設定されています。

 

 

これって

普通に授業に参加していたら

余裕に取れるものなんです。

 

でも、

GPAって

MAX5.0までありますよね。

 

ってことは、

2.75から5.0まで

2.25も幅があるんです!!

 

 

つまり、

GPAでライバルと差をつける!!!

 

僕は、

IELTSのスコアは5.5で

応募資格の最低基準だったんですが、

 

GPAは4.21

自分で言うのも

なんですが、

 

大学の成績上位者の

奨学金を受給しました。

 

 

なので、

私は

正直

英語は最低ランクだったので、

 

GPAで交換留学を決めたと言っても

過言ではない。。。

 

 

つまり、

GPAは取っといて損はない

 

むしろ、

GPAを重視するべき!!

 

 

つまりは

普段の授業を

真面目に受ければ

留学に近づきます!!

 

 

留学前準備カテゴリの最新記事