1、チャレンジすること、一歩踏み出すことの大切さ

1、チャレンジすること、一歩踏み出すことの大切さ

1、チャレンジすること、一歩踏み出すことの大切さ

 

これは自分の弱い部分。

大きなきっかけは、

サッカーが大きい。

 

ミスが多く発生するスポーツにおいて

ミスに対して怒られることが多かった。

 

別に人のせいにしてるわけじゃないけど、

いつからか、

コーチの目やミスしないように

安全なプレーをするようになってしまっていた。

それは、

他のことにも影響して、

できるだけミス起きないように、リスクを考えて、

挑戦に奥手になっていた。

 

そんな人の目を気にしたり、

チャレンジできない自分が嫌だった。

 

それを変えるためにも

留学に行った。

 

 

実際、

リスクやミスを恐れ、チャレンジしない性格を変えるため、

授業で1日に1回は発表する目標を立てた。

 

予習を徹底的にし、疑問点や自分の意見をまとめて挑んだ。

しかし、授業中手を挙げられない自分に

なんのために来たのかと

腹が立ち、悔しくてたまらなかった。

 

だから、

原因は、人の目を気にしていること、英語理解への不安だと考え、2つのことに取り組んだ。

 

1、教授の目の前に座る。

2、一番最初に手を挙げること。

 

いざ、思い切って手を挙げると、

教授は嬉しそうに目の前でしゃがんで頷き、

【great】とハイタッチしてくれた。

 

その教授が画像の人だ。

 

【この時のハイタッチは今も忘れられない。】

 

その時、一歩踏み出すことの重要さを実感し、自信がついた。

案外やってみたら、いけるじゃんて。

 

まず、行動しないとなって

考えてる間に時間なんていくらでも過ぎてしまう。

 

この経験から、留学中に複数のコミュニティに所属したり、

体育会サッカー部に入ったりと挑戦することができ、

弱い自分を変えることができた。

 

チャレンジすること、

一歩踏み出すことの大切さを忘れずに

何事にも取り組んでいきたいと思う。

留学✖️未来カテゴリの最新記事