受講してる教科について

受講してる教科について

留学先で取る授業。

 

やっぱり

楽そうとか、

簡単、かも単とかの基準で

選ばなくて良かったって

思った。

 

 

こっちでの授業はほとんど

ビジネスに関することで、

 

 

日本で経営を学んでるから、

一応それなりには

まだ知識がある。

 

 

やから、

英語的に結構厳しくても、

 

なんとなくでも

あぁこのこと言ってんのかって

 

 

ある程度の理解は

聞き取れてないわりにはできる。

 

 

ただ、

自分が取ってる教科は結構ハードな方な気がする。

 

何回か書いてるけど、

自分が取ってる授業は、

international entrepreneurship

new product development&branding

intercultural communication

international management

racquetball

の5つ。

 

単位は

racquetballは1単位で

それ以外3単位。

計13単位。

 

 

大学の決まりで

現地学生でも

18単位までしか取れない。

 

で自分は留学生なので

英語力も加味して、

4教科プラス体育の5教科。

 

なんで、

こんな授業少ないかと言うと、

 

 

一個の授業が

日本みたいに週に一回とかじゃなくて

週に2回、3回とあるから。

 

 

で、

一個一個の授業は、

多くて30人くらい。

 

言うたら

全部日本で言う

英語のクラスみたいなもん。

 

もう一個言うと、

自分がinternational系の授業取ってるからかも

知らんけど、

 

教授が誰一人ネイティブじゃないという。

 

ギリシャ、インド、インド、台湾。

ラケットボールはまだ分からん。

 

 

やから、

少し癖が各々あるし、

まぁでも

力があればそんなん関係ないし、

 

単に自分の英語力が足りてないだけ。

 

授業の話すると、

 

今日の授業の

international entrepreneurshipなんて

もともと40人以上受講してたはずやのに、

 

 

今日来てみてたら、

なんと

たったの16人。

 

 

流石にみんな辞めすぎじゃない?

 

 

しかも、

自分以外ほぼ4回生やし。

 

中には、

5回生なんて人も結構いる。

 

 

その中に

一人2回生で

しかも

留学生。

 

確かに内容はハード。

というより、

毎週テストがある。

 

 

ただ、

救いなのは

グループワークが結構メインやから、

 

なんとかなりそう。

しっかりやったら。

 

 

で、

2個目の授業もハード。

 

まず、

17:00~19:30の長さ。

 

new product development&branding

 

授業自体は面白そうって

思って取った。

 

 

実際行ったら、

一回に進む量は半端ない。

 

 

でも、

授業内容は普通に楽しい。

 

聞き取れんことも多いけど、

ざっくり大体は理解できた。

 

 

授業の評価方法は、

全部テスト。

 

4回試験があって、

5回クイズに

1回プロジェクト。

 

 

これだけ聞いたらやばいけど、

先生曰く、

 

試験とクイズは一回ずつ受けんでいいらしい。

 

つまりは、

自分で受けるテストを三つ選べるらしい。

 

やから、

最終試験を受けない人が多いらしい。

 

でも、

まだ教授にしっかり確認取れてなくて、

水曜日にまた説明してくれるみたい。

 

 

しかも、

試験の形式は全部選択式。

 

 

やから、

語句を覚えるよりは

中身の内容を覚えてたら大丈夫やから

これは結構でかい。

 

 

intercultural communicationは、

まずシンプルに先生が優しい。

 

自分が大学でしてることと違うから

毎回予習はした方が良いけど、

大事なことをまとめたノートみたいなんを

公開してくれてるし、

わかりやすい。

 

しかも、

知ってる人がいるから、

いざとなれば

助けてもらうこともできる。

 

 

international managementは、

教科書がなくて、

全部先生の話だけ。

 

やから、

とにかく先生の言ってることを

聞き取る。

 

 

でも、

全部聞き取れへんから、

ボイスレコーダーで録音して、

また聞くようにしてる。

 

 

ただ、

これも

授業内容自体は

めっちゃわかりやすくて、

あぁそのことねって

なるから、

まだやりやすい。

 

 

で、

一人めっちゃ優しい現地の方がいて、

分からんかったとこ教えてくれて、

ありがたすぎる。

 

 

最初は、

3000代ていう

比較的難しいとされてる教科ばっかり取ってたから、

 

やっぱりきついかなって

思ってたけど、

 

せっかく来たのに、

自分が学んでることと違うことしても

もったいないなってなって、

 

結局これにしたし、

あとは、

色々変更するのがめんどくさかった。

 

 

今となっては、

まだ

授業始まって、

一週間しか経ってはないけど、

 

 

自分が取りたいものを

妥協せずに取って

良かったって思う。

 

 

 

留学日記カテゴリの最新記事