英英辞書に切り替えた。

英英辞書に切り替えた。

最近

あることを始めた。

 

 

英英辞書で全部調べること。

 

今までは、

全部英和辞書で調べてた。

 

 

で、

調べた単語を

ノートにスペルと日本語訳を一緒に書いてた。

 

でも、

英和で調べてたら

いつまで経っても日本語で考えてからじゃないと

その単語とかが

出てこないじゃないかと。

 

 

 

頭の中を

英語脳にしたくて

そのためには

 

英和で調べるよりも

英英辞書でした方が絶対良いかなと。

 

 

ということで

ここ一週間くらい

英英辞書で全部調べてみた。

 

 

感想としては、

一個の単語を理解するのに

英和の何倍もかかる。

 

 

すごい大変。

 

 

だいたい

一個の単語を調べてたら

そのdefinitionの中に

知らん単語が何個かは絶対ある。

 

 

やから、

その知らん単語をさらに調べる。

 

そしたら、

また知らん単語に出会う。

 

 

このループにはまる。

 

 

 

やから、

一個の単語を調べる毎に

平均4から6くらい

新たに単語を調べることになる。

 

 

 

正直

勉強の進度とかは

格段に遅くなった。

 

 

しかも、

大変やし、理解するのに時間かかるし。

 

 

でも、

今は大変やけど、

 

絶対将来的にというか

これをずっと続けていけば

英語の上達に繋がるんじゃないかと。

 

 

できる限り頭の中から

日本語を消したい。

 

 

英語を考えたり、

読んだり、話したり、書くときに。

 

英英辞書は

ケータイのアプリの

Merriam-Webster Dictionary

ていうやつ。

これは

調べたやつの履歴が残るから

前調べたのも

すぐに検索できるし

復習にも使えて便利。

 

あとは、

音声で聞き取ってくれる機能もあるから

 

英英辞書を使う時の問題である

そもそもの

スペルが分からんっていう時も

 

音声から

検索できる。

 

 

あとは、

自分の発音チェックも

 

 

 

今は

調べた単語のスペルだけをノートに書いて

特にdefinitionは書いてない。

 

単語をみて

意味が分からんかったら

また調べるっていう風にしてる。

 

 

自分で意識的に

何かを変えないと

一年で英語力を自分が求めてるものに

持っていくのは厳しいことやと思う。

 

 

こっち来るまでは

一年も行くねんし

行ったらなんとかなるやろって

思ってたけど

 

 

全くそんなことない。

 

まだ一ヶ月しか経ってないけど。

 

やから、

このままじゃあかんっていう

危機感から

始めた一つ目が

 

この英英辞書で

単語を調べること。

 

 

時間もかかるし

大変やけど

意味あるって信じて続けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学日記カテゴリの最新記事